観光情報

寺社

西念寺(さいねんじ)

幕末の偉人 桂小五郎潜伏の地

慶長19年(1614)、道蓮社大誉還重を開基に開創されました。山号を東福山といい、浄土宗知恩院派に属します。当初は、西念庵と称する庵であったと伝えられてます。 第8世法誉真染の代、寛政4年(1792)4月、本堂・庫裡・楼門に至るまで焼失し、古記録・その他すべて失せました。 文化2年(1805)、本堂...

詳細を見る

西方寺(さいほうじ)

美しいしだれ桜があるお寺

上八木の西方寺は真言宗の寺院です。開基は今滝寺と同じ覚僧上人と伝えられています。八木城第五代城主の重家が、山深い今滝寺への寺参りが難しい母のために作らせたと言われ、一本の大桜の木からできているそうです。本尊の阿弥陀像、境内観音堂の地蔵菩薩像は鎌倉時代の仏像として貴重であり、また町指定文化財の十三仏(...

詳細を見る

円光寺

円光寺には小林礫川の襖絵があります。襖4枚を1組として2組、合計8枚の襖絵です。この襖絵には2匹の虎の絵が描かれており「虎の間」となっています。小林礫川が虎の絵を得意とした日本画の画家であることを証明する立派な襖絵になります。小林礫川は但馬を代表する画家の一人です。 【円光寺の人形供養祭】 ...

詳細を見る