トピックス

雨でも大丈夫!なインドアおでかけスポット

でも大丈夫!なインドアおでかけスポット!!
雨でも養父市が満喫出来るスポットをご紹介~

 

▽各施設名クリックで詳細ページに移動します▽

山田風太郎記念館
収蔵・展示品は、生前の風太郎氏から寄贈を受けた約1,500点に上る資料を中心に、その後山田夫人、親戚、友人などから提供された多数の資料からなっています。その主なものとして、初版本、直筆原稿、創作ノート、書簡、スクラップブック、写真、衣類、愛用品等々のほか、東京・多摩市の自宅から、執筆に使われた机・椅子・書棚をそのまま運び、書斎の一部を忠実に再現しています。
【料金】
大人(高校生以上)300円/団体250円 小・中学生100円/団体80円 団体は20名以上
【定休日】
月曜日 祝日の場合は翌日

 

青谿書院資料館
幕末から明治の初めにかけて但馬聖人・池田草庵(いけだそうあん)が開いた漢学塾。
青谿書院:見学自由、無料「青谿書院資料館」見学の場合、要予約、資料代300円

 

明延鉱山探検坑道
かつて日本一のスズ鉱山として栄えた明延鉱山(あけのべこうざん)。坑道内は年中12~13度で夏でもひんやり。坑道の一部を案内ガイドの説明を聞きながら見学できます。昭和初期の姿がそのまま残る町並みをぶらりと散策。ノスタルジックに思いをはせてみては。
【料金】
高校生以上:1,200円、 小・中学生:600円
※ご利用の3日前までに要予約
【定休日】
土日祝(ご利用がない場合)
☆イベント情報☆
〇毎週日曜日(4月第2~10月末まで) 日曜坑道見学会 開催
※この日は予約なしで見学できます。
※一円電車「くろがね号」運行日は要問合せ!!

 

かいこの里・上垣守国養蚕記念館
日本の養蚕に多大な業績をのこした郷土の偉人・上垣守国(うえがきもりくに)を顕彰して建てられた施設です。昭和初期の養蚕住宅を復元し、当時の養蚕農家の暮らしぶりを伝えています。
【定休日】
かいこの里  月~金曜日
上垣守国養蚕記念館 月・火曜日

 

木彫展示館
築120余年の診療所だった民家を再生させ、木彫フォークアートの作品の数々を展示した、全国で唯一の美術館です。
【定休日】 月・火曜日
☆イベント情報☆
〇平成29年6月24日(土)~7月2日(日)うちげぇのアートおおや 開催

 

分散ギャラリー養蚕農家(ようさんのうか)
築150年以上の古い養蚕農家(ようさんのうか)を改装利用したアートギャラリー。大屋で生まれた「うちげぇのアート」や「木彫フォークアート」のホームギャラリーで、自然の中で創作活動を続ける作家たちの発信の場でもあります。カフェもあり、ゆっくりとした時間を過ごすことができます。
【定休日】 月曜 祝日の場合は翌日
☆イベント情報☆
〇平成29年6月24日(土)~7月2日(日)うちげぇのアートおおや 開催

 

おおやアート村 BIG LABO(ビッグラボ)
旧県立八鹿高校大屋校の木造校舎などを活用した芸術拠点施設。木彫、書道、絵画、陶芸、さをり織、染色のアートの手作り体験ができます。
【定休日】 水曜日
☆イベント情報☆
〇平成29年8月31日(火)まで 「公募BIGLABO!!大恐竜展」開催

 

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

 

~温泉~
雨で冷えてしまった体をぽかぽかにしてくれる養父市自慢の温泉施設

やぶ温泉
ラドンを含む弱アルカリ性の天然温泉で、その効能は、神経痛・筋肉痛・慢性消化器病など実に様々。保温効果も優れているため、長時間ほどよいポカポカが続きます。滑らかな泉質がお肌に潤いを与えることから「美人の湯」とも呼ばれています。
【料金】
[大人] 500円 [小人] 300円(3歳~小学校6年生)
※毎月26日はフロの日!通常の半額で入浴できます!

 

とがやま温泉 天女の湯
多量の炭酸水素イオン(重曹)を含み、さらに食塩やマグネシウムなども多く含んでいるのが特徴です。これらの成分を重曹成分と称し、この成分はお肌に潤いをもたせる成分であることから、この重曹成分を多く含んだ温泉を「美人の湯」と称しております。
【料金】 [大人] 700円(中学生以上) [小人] 400円(3歳以上)
【定休日】毎週木曜日

 

合格の湯(養父市まんどの湯)
アトピー性皮膚炎で悩んでいた年頃の女性が関宮温泉の源泉を使用(現在は当施設のみ使用が可能)したお風呂を続けると、この方に効果が現れ、症状が緩和し、それまであきらめていた就職で「合格」する事が出来たことから「合格の湯」と呼ばれています。
【料金】 [大人] 800円(中学生以上) [小人] 400円(3歳~小学生)
【定休日】毎週火・水・金曜日